teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/2343 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

広島市交通科学館に行ってきました。(昨日)

 投稿者:なるなる@管理人  投稿日:2017年10月18日(水)22時28分4秒
  通報
  ネーミングライツで、今は「ヌマジ交通ミュージアム」です。
http://www.vehicle.city.hiroshima.jp/
以前から興味はあったものの、開館22年目にしてやっとの訪問です。(^^;

ここは新交通システム「アストラムライン」の車庫の上に作られていますが、
このアストラムラインには1度も乗ったことがありません。
沿線に行くなら車の方が便利なので…

さすがに平日とあって、駐車場には5台くらいしか車はおらず、館内もしかり。
受付にいるぐらいだと思っていたスタッフが、意外にウロウロしていたのは意外でした。

入館料は大人が510円ですが、素直な感想は、、、
「無料の広島市こども文化科学館のほうが見どころがあって立派」
出発が遅くなり、昼食後の入館では17時の閉館までにしっかり見れるかどうかと
心配したのですが、2時間もあれば十分でした。(^^;;
レストランは1年前に閉店したそうですが、当日は出入り自由なので
昼食時間を挟んでの利用も問題なさそうです。

最初にエレベーターで4階に上がり、あとは階段で1階づつ下に降りました。
4階は3階を見下ろすデッキで、その3階が近未来を表現した巨大ジオラマです。
近未来と言っても、開館した22年前は「現代あたり」を想像していたのかも
しれません。(笑)
近未来の割には、組み込まれた液晶パネルのドットは荒いし、
ブラウン管のモニタもあるようです。(爆)
一部の模型は自分で動かせるのですが、単にスイッチを入れるだけで
自由に操作できるものではないし、操作台から模型までの距離が遠くて
自分が動かしている実感が湧きません。
子供の目にはどう映るのでしょうか?

2階がたくさんの展示コーナーですが、ミニカーと鉄道模型は数がすごいです。
ミニカーは市販の1/43モデルがほとんどでで、マニアックな車も多いです。
パルサーエクサのキャノピーとか…(苦笑)
鉄道車両も、地元広島の専用機だったとはいえEF59とか、つばめ・はとの「青大将」
編成の先頭に立つ機関車は当然EF58の…試験塗装機(4号機)だったり。
http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/nanisiteru/000/052/462/063/52462063.jpg
飛行機や船は分からんです。
鉄道車両の部品もありましたが、広島電鉄の車両(3950形?)のヘッドライトは
近年の車のヘッドライトとそっくりな構造でした。
鉄道と自転車のシミュレーターもありましたが、鉄道のほうは国鉄型の
2ハンドルの運転台です。
モーター音はなぜか吊掛式で(笑)ブレーキのエア音も表現されてました。
自転車のほうはこいだ分、映像が進むだけで、ただ疲れます。(^^;

1階はマツダRX-500が展示されていた他は、ミュージアムショップぐらいです。

屋外のバッテリーカーは1人乗りなので子供にはまだ早く、おもしろ自転車も
自転車に乗れない年齢の子供と一緒に乗るのは無理そうでした。
そして被爆電車「654号」ぐらいですね。
アストラムラインの車両基地の真上なので見学できるのかと思って展望できる場所を
探したのですが、敷地の端は植え込みがあったりして全く見えませんでした。
館外の道路橋から洗浄線が見えたのがやっとでした。
せっかく車両基地に交通関係の施設を作ったのですから、見れるようにすればいいのに。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/2343 《前のページ | 次のページ》
/2343