teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「日の丸・君が代」処分へ抗議 第3回申し入れ 賛同募集

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 5月18日(木)21時59分38秒
編集済
  広島県教育委員会
教育委員長 小笠原道雄様
教育長   関靖直様
2006年5月24日
                                     「日の丸・君が代の強制に反対する宗教者の会」

              抗議文  (案)

1.2006年3月の卒業式に続いて、4月の入学式の際、「不起立」の先生に対して県教委
  が懲戒(戒告)処分を加したことは、憲法でいう基本的人権、第19条(思想及び良
  心の自由)の侵害であり、撤回されることを求めます。

2.過去2回にわたる(06.3.27。06.5.11)私たち宗教者の申し入れに対して、問うた質問
  に答える必要がないという姿勢は、権力によつて抑圧するフォシズムの手法以外の何
  物でもありません。ただちにこの反教育的姿勢を改め、人間として当たり前の対話が  出来るよう求めます。

 「教育委員会が最も、反教育的である」。教育を破壊しているのは、教育委員会であると、この2回の交渉を通して私たちは強く感じています。
 私たち宗教者は、信仰という人間の内心とそこからは発露する行動を最も重視することを生命としています。それは何人にも無条件に「思想・信条の自由は保障されなければならない」とした現憲法と深く通ずるものであります。
 しかるに今学校現場で行われている「日の丸・君が代 」の強制は、人間の内心に権力が手を突っ込むだけではなく、嬲り、押しつぶすという事が平然と行われています。これは許し難い非道以外のなにものでもありません。

 今、教育委員会の行っている、「日の丸・君が代」の際に不起立を行った先生への処分は、私たちから「なぜ処分をしたのか理由を明らかにせよ」と問われても、「答える必要がない」という 県教委の姿勢と見事に一致しています。しかし、2回の申し入れの中で、私たちは、県教委は「答えない」のではなく「答えられない」のだということを感じています。力によって押しつける以外の、道理が何もないのではないかと思わざるを得ません。

  教育委員会のこうした「非教育的」行政は、恐ろしいことに、その下にある先生を、ひいては児童・生徒をも、「弱い者に心を向け、一人ひとりの違いを大切にする」という人間として原点とも言うべき心を失わせ、力を頼む人間を育てていくことに成っています。
 今子どもたちの抱える問題の責任は、教育行政の「非教育的」な政策に負うとこが大であると思わざるを得ません。

  私たちは、卒業式・入学式で、着席しようとした子どもたちにいかに教育委員会からの圧力がかけられているか知っています。ましてや先生方には、人事権を行使しての圧力もかけられていると聞いています。

 最後に「ウソつきは誰か?」について一言申します。私たちは1999年に「国旗・国歌法」が成立するとき、政府は“学校現場に強制はしない”と言ったことを私たちは忘れてはいません。「天網恢々疎にして漏らさず」という中国の言葉があります。 もういいかげん、非道な行いを懺悔する時であることを強く申し上げ、抗議文を提出します。


呼びかけ人:
小武正教(僧侶)沖和史(僧侶)城山大賢(僧侶)岡本法治(僧侶)柴田もゆる(牧師)西嶋佳弘(牧師)菅瀬融爾(僧侶)藤井聡之(僧侶)吉崎哲真(僧侶)正木峯夫(僧侶)
岩崎智寧(僧侶)信楽晃仁(僧侶)佐々木至成(僧侶)山名孝彰(僧侶)季平博道(僧侶)
深水純司(僧侶)吉岡隆義(僧侶)毛利慶典(僧侶)渡辺義宣(僧侶)真澄瑛智(僧侶)信楽峻麿(僧侶)築田哲雄(僧侶)釈薫華(僧侶)田坂英俊(僧侶)相英俊(僧侶)武田哲也(僧侶)栗原尚道(僧侶)高橋了融(僧侶)岡田龍英(僧侶)季平恵海(僧侶)野世英水(僧侶)

連絡先 小武正教 三次市東河内町237 0824-63-8042

第3回目はさらに呼びかけ人を増やして、抗議に行きたいと思います。賛同下さる方は、
管理人までご連絡下さい。
 ※5月22日までにご連絡下さい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060513-00000194-mailo-l34

 
 

念仏者九条の会・東京集会 

 投稿者:念仏者九条の会・事務局メール  投稿日:2006年 5月18日(木)16時45分45秒
  念仏者九条の会・東京集会   「平和を願うつどい」
                                                                                 「念仏者九条の会」では、下記のように、東京集会を開催します。
 今回は、元衆議院議長・憲法研究者の土井たか子さんをお招きしてのつどいです。
 詳細は、まだ未定です。予定に入れておいてください。

 2006年 7月21日(金) 於:築地本願寺講堂
                午後 6時  開場 6時半 開会予定
                           8時半 閉会予定
                会費 500円(予定)

1, 講演(40分)     「史上最高の(究極の憲法)日本国憲法」(仮題)
                 元衆議院議長 憲法研究者 土井たか子さん
2, シンポジウム(1時間) 「仏教と平和」(仮題)
                 呼びかけ人代表 前龍谷大学学長 信楽峻麿さん
                 土井たか子さん
3,   質疑応答        会場の参加者とともに

      司会 万行寺住職・武蔵野大学助教授 本多 静芳さん
主催  念仏者九条の会
協力  万行寺ナムの会 「憲法行脚の会」 なあむ☆サンガ「赤川塾」渋谷「花のえん」
お問い合わせ      電話 042(396)6401  万行寺(本多 靜芳)まで                                
 

「念仏者九条の会」第2回全国集会 案内  

 投稿者:念仏者九条の会・事務局メール  投稿日:2006年 5月18日(木)16時37分39秒
編集済
  記念講演
「仏教と非戦 -今、念仏者として-」
  講 師- 元NHKディレクター・明治学院大学教授     阿 満 利 麿さん       *  状況報告  *各地からの報告  *意見交換

  日 時 6月22日(木)午後2時~5時  終了後交流会
 会 場 本願寺山口別院山口市小郡町花園町3-7 ℡(083)973-4111
 参加費 2,000円(当日徴収)
 交流会 山口グランドホテル(新山口駅新幹線口正面・℡083-972-7777)にて5時30 分
          より。
          参加費<男性5,000円 女性4,000円>(当日徴収)
  ※宿泊は同ホテルをシングル5,800円(税込)、ダブル・ツィン5,000円、(1人使用
      6,800円)にて20 部屋まで手配できますのでお早めにお申し込み下さい。朝食は別
      途料金で、事前申込みは半額、当日は1,050円です。
<交流会・宿泊の申込み> 6月10日までに事務局までお願いします。
〈申込み先〉事務局 〒728-0003 広島県三次市東河内町237 西善寺内
            TEL・FAX(0824)63-8042  odake@orange.ocn.ne.jp

  下記の事を書いてメールを事務局まで。

 お名前・住所・電話   全国集会(参加・不参加)/交流会(参加・不参加)
              宿泊(シングル ・ダブル ・ツイン /朝食-要・不要)

 2005年10月、自民党は「新憲法草案」を発表、そして現在国会では準憲法とも言われる教育基本法の改定がついに上程されるところまで来ました。さらに国民投票法案の審議も衆議院憲法調査特別委員会で進められている状況です。
 しかし、2004年6月に9人の呼びかけではじまった「九条の会」は、今全国に4700を超えるさまざまな形態の「九条の会」が結成されるにいたっています。
 「念仏の教えに生きる者として、今ここで憲法第九条改悪に反対する声をあげなくは!」という思いから昨年7月7日に結成した「念仏者九条の会」も、現在800名を超える方が賛同人に名を連ねて下さっています。そして、さらなる広がりを願って各教区・地域での独自の取り組みもはじまっています。

 20年.30年後にふりかえった時、ここ数年が大きな分かれ道であったと必ず言われる現在であると思います。
 念仏者としての「非戦・平和」への願いを確かめ、一人ひとりの「私ができること」を繋ぎあってゆくために、第2回全国集会を開催いたします。是非ご参加ください。
 

2006年入学式 「日の丸・君が代」強制に反対し、不起立・不服従の教職員への処分反対の申入れ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 5月15日(月)11時14分51秒
編集済
   広島県教育委員会
教育委員長 小笠原道雄様
教育長 関靖直様

   「日の丸・君が代」強制に反対し、
   不起立・不服従の教職員への処分反対の申入れ

  私たちは、去る3月27日付で、「日の丸・君が代」強制反対、不起立・不服従の教職員への処分反対の申し入れをいたしました。
ところが、このたび、卒業式の不起立、不服従の教職員に対して、処分がなされました。
私たちは、このことに、深い無念の思いを抱いております。
私たちは、かねてから申し上げているように、政府や文部科学省が、憲法や、教育基本法を変えて、戦争の出来る国家へと国家を変革させようとしていることに憂慮しており、私たちはその方向を決して容認することは出来ません。
私たちは、文部科学省が、「日の丸・君が代」の強制を教育現場に押し付けてくることも、この戦争の出来る国づくりへの一環として、同じく容認できません。
県教委におかれても、近年、かつての文部省時代からの、「日の丸、君が代の」の強制を強めておられることを、文部省との一体の方向として、かねてより憂慮しておりました。
言うまでも無く、本来、教育基本法の成立精神は、「もう二度と、教育は、国家権力の行政支配に服従しない」という、かつてのような戦争国家の教育支配からの独立というものであったはずで、教育委員会制度も、この、国家権力の教育支配からの独立のための制度でした。
とするなら、被爆県であり、平和を何より実現すべき広島県教委としての近年、および、このたびの「日の丸、君が代の強制、処分」というものは、国家の教育支配への服従であり、まさしく、本来の教育基本法や、教育委員会制度の精神の喪失と断じざるを得ません。
また、かねて申し入れしておりましたように、この強制・処分というものは、憲法19条にうたわれている、基本的人権としての、思想良心の自由にも違背するものと考える上からも、また、児童生徒の人権教育上においても、容認できません。
以上から、このたびの、処分の撤回、ならびに、今後も強制、処分ということのなきよう、また、何より、国家権力の教育支配に屈しない、不戦平和を実現する本来の教育委員会を回復されますよう、命の尊厳を絶対に侵し侵させたくない私たちとして、ここに、強く申し入れ、意見書を提出いたします。

                            2006年 5月11日
呼びかけ人:
小武正教(僧侶)沖和史(僧侶)城山大賢(僧侶)岡本法治(僧侶)柴田もゆる(牧師)西嶋佳弘(牧師)菅瀬融爾(僧侶)藤井聡之(僧侶)吉崎哲真(僧侶)正木峯夫(僧侶)
岩崎智寧(僧侶)信楽晃仁(僧侶)佐々木至成(僧侶)山名孝彰(僧侶)季平博道(僧侶)
深水純司(僧侶)吉岡隆義(僧侶)毛利慶典(僧侶)渡辺義宣(僧侶)真澄瑛智(僧侶)信楽峻麿(僧侶)築田哲雄(僧侶)釈薫華(僧侶)田坂英俊(僧侶)相英俊(僧侶)武田哲也
(僧侶)栗原尚道(僧侶)高橋了融(僧侶)岡田龍英(僧侶)季平恵海(僧侶)野世英水(僧侶)

連絡先 小武正教 三次市東河内町237 0824-63-8042

※5月23日に入学式の処分への抗議の申し入れを行います。-第3回目-
 ご賛同下さる宗教者の方は、地域を問いません。どうが、管理人まで、メールで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060512-00000261-mailo-l34

 

「あんにょん・サヨナラ」 上映会

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 5月15日(月)01時20分27秒
  映画上映会
「あんにょん・サヨナラ」

 戦後60年 日本と韓国の辛い歴史に 真のサヨナラをするために 過去を探る旅に出る
 日韓共同ドキュメンタリー映画/釜山国際映画祭で最優秀韓国ドキュメンタリー賞受賞!
 山形国際ドキュメンタリー映画際2005アジア千波万波特別招待作品

と き  2006年6月2日(金) 18時開場 18時30分-20時30分
ところ  (旧)三次市平和人権センター ペペラホール
参加協力券 1000円お願いします(高校生以下無料)
主催    平和を考える市民の会

 戦後・植民地解放から60年。歴史認識をめぐって繰り返される日韓の対立。しかしその中で必ず登場する「靖国神社」について、「よく知らない」という人がほとんどではないでしょうか?
 本作品を通じて、歴史の真実を解き明かし、日韓市民の平和な未来を構築するための素材として利用していただきたいと願っています。
 作品の主人公イ・ヒジャさんは2002年8月9日に、第3回市民講座でお話しを頂いた方です。イ・ヒジャさんのお父さんは日本軍に徴用され中国で戦死。しかも、何も知らされることなく、お父さんは靖国神社に祀られました。「父の名前を返してほしい!」 靖国神社に父親が祀られているイ・ヒジャさんの思いとは何か、映像を通してその思いが語られます。
 「父の靖国合祀が取り下げられるまで墓石に父の名前を刻めない!」イ・ヒジャさん の悲しみを通して、日本と韓国の辛い過去に向き合い、平和な未来に向けてどうすればよいのか考えていきたいと思います。
 今まで、日本各地で手作りの上映運動が重ねられ、この度、三次での上映会を開催することになりました。ぜひ、ご家族でご覧になって下さい。

http://www.gun-gun.jp/document.htm

 

情報

 投稿者:青い空広い海  投稿日:2006年 5月 5日(金)21時14分32秒
  とあるブログから

http://transnews.exblog.jp/2976874/

 

「日の丸・君が代」強制に反対、不起立・不服従の教職員への処分反対の申入れ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 4月11日(火)10時55分40秒
  広島県教育委員会
教育委員長 小笠原道雄様
教育長 関靖直様

   「日の丸・君が代」強制に反対し、
   不起立・不服従の教職員への処分反対の申入れ

 現在、日本政府は、アメリカとの軍事同盟を強め、憲法9条の改変で自衛隊を国軍にし、防衛庁を防衛省に格上げして戦争のできる国 づくりへと動いています。
 そのため、愛国心を持つ気概ある国民を作ろうと教育基本法を改変し、国家に命を捧げることのできる子どもの育成が図られています。教科書もかつての戦争を反省しない教科書を広げる運動がじわじわと広がっています。そして今、首相をはじめ多くの国会議員が日本国家の侵略戦争を聖戦と讃え、戦死者を英霊として顕彰する靖国神社に中国や韓国などアジア諸国の批判を受けながらも参拝を続けています。
こうした情勢のなか、学校では多くの子どもたちが卒業式を終え巣 立っていきました。
しかし、広島県教育委員会は、この希望あふれる場に『日の丸・君が代』の強制を行いました。『日の丸・君が代』に対しては、憲法で保障されている基本的人権のひとつとして、教職員の内心の自由に基づく行動が認められなければならないと考えます。しかし、教育現場は、管理職による強権的抑圧とさらにそれに従わない教職員に対する処分が行われようとしています。このことはまた、児童生徒の人権教育をいちじるしく阻害するものでもあり、見過ごすことはできません。
かつて私たち宗教者は、靖国神社を頂点とした国家神道の強制により「信教の自由」・思想信条の自由を奪われ、戦争推進の一翼を担った痛恨の経験をもっています。私たちは、このような過ちを二度とくり返してはならないと靖国神社国家護持や公式参拝に強く反対をしてきました。
有無を言わせず「日の丸・君が代」が強制されている学校の状況は、教育が再び戦争の道具にされることに繋がると深く危惧しています。
 私たちは、教職員や生徒の内心、良心思想の自由が侵害されることのないよう、強く要望します。そして不起立・不服従の教職員に対し、処分がおこなわれることのないよう申し入れを致します。
                                             2006年 3月27 日
呼びかけ人
小武正教(僧侶)三次市東河内町2370824-63-8042 沖和史(僧侶)城山大賢(僧侶)岡本
法治(僧侶)柴田もゆる(牧師)西嶋佳弘(牧師)菅瀬融爾(僧侶)藤井聰之(僧侶)吉崎哲真(僧侶)正木峯夫(僧侶)
 

11日の岩国の集会のご案内です。

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 3月11日(土)07時38分16秒
編集済
  >頂いたメールを転載します

11日の岩国の集会のご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

住民投票を成功させよう! 岩国市民の集い

 3月12日、厚木基地からの米空母艦載機部隊の岩国基地への
受け入れの賛否を問う住民投票が実施されます。
 私たちはこの住民投票が岩国市の将来を大きく左右する大切な
ものであると考えています。その思いをもった者たちがそれぞれの
立場で精一杯取り組んでまいりましたが、明日3月11日、投票日の
前日、同じ思いをもつものが一堂に会し、下記の要領で集会を計画
致しました。この集いが大きなうねりとなり、投票参加への後押しと
なって住民投票が成功することを願っております。
 広くお伝えいただければ幸いです。

               記

日時:2006年3月11日(土)13:00~14:00
場所:岩国市民会館大ホール
    (岩国市山手町1-15-3 電話0827-24-1221)
内容:13:00 開会挨拶  土肥康久氏(川下地区自治会連合会長)
    13:10 講演
    13:50 集会アピール
    14:00 閉会

     「住民投票を成功させよう!岩国市民のつどい」実行委員会
 

第20回 公開講演会の案内

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 2月 6日(月)21時07分1秒
編集済
  第20回 公開講演会
テーマ  『非戦と仏教』
と き  2006年2月8日(水) 13:00~17:00
ところ  本願寺備後会館 福山市東町2丁目4番5号(084-924-5759
内容  1.講 演  菱木政晴さん
        *1950年生まれ。現在、同朋大学文学部特認教授。
        *著書 『非戦と仏教』(白澤社).『浄土真宗の戦争責任』   (岩波         ブ ックレット).
  1.映画『日本国憲法』ダイジェスト版
協力券  1000円(高校生以下無料)
共 催 備後靖国問題を考える念仏者の会・念仏者九条の会
 (連絡先 0824-63-8042)

http://www.saizenji.com/page158.html

 

藤澤さんへ

 投稿者:反左  投稿日:2006年 1月31日(火)00時27分33秒
  相手にも家族がある、というのは当たり前のことです。単純なことですが、僕にだって自分の家族
がいます。友達もいます。好きな人もいます。そういった人たちが死んでいくのをみるのは耐えられないのです。彼らを守れるなら僕は自分の命など惜しくはない。「本当に家族を守りたいなら、たとえどこかの国から戦争がしかけられても、応じない勇気こそ、大切ではないでしょうか。」と
おっしゃられていますが、応じなければ家族や友達や恋人が殺されるのを黙って見ているだけですか?例えばあなたに子供(1歳~2歳くらいの)がいて、異国の兵士に殺されるのを黙って見ているだけですか?親ならば、子供を助けようと、敵と戦うのが普通でしょう。僕なら戦う。
 

レンタル掲示板
/11