teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月25日(木)04時45分27秒
  つのさん、ども。
次が「月の座」なので、地名は二度目ですが、この九十九里浜はいいと思います。
「やぶれかぶれ」では「恋」とも思えないので、ちと修正します。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令
   トロ箱を幾度も運ぶ雪の市     牙
    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む
   杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴
    机の下で指をからませ      恵
   致死量の手前で止めてをく薬    人
    胸焦がしつつ九十九里浜     の

ななさん、秋・月の座です。お願い致します。
 
 

春分、恋、短

 投稿者:津野  投稿日:2019年 4月24日(水)22時11分6秒
  朝な夕なに返信を待ち
破れかぶれの九十九里浜
小銭したため電話ボックス つの

遅くなりまして、すいませんです。
お捌きお願いいたします。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月24日(水)08時37分23秒
  水星人さん、ども。
なんだか医療関係者の恋らしき感じなのかな。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令
   トロ箱を幾度も運ぶ雪の市     牙
    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む
   杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴
    机の下で指をからませ      恵
   致死量の手前で止めてをく薬    人

つのさん、もう一句「恋」で、短句をお願い致します。
 

春分。

 投稿者:水星人  投稿日:2019年 4月23日(火)19時17分3秒
  遅くなりましたー。

杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴
 机の下で指をからませ      恵

致死量の手前で止めてをく薬    人 →死に至るも考えました。
なだらかな洞につづけるながきとき

よろしくお願いします。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月21日(日)12時50分15秒
  恵さん、ども。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令
   トロ箱を幾度も運ぶ雪の市     牙
    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む
   杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴
    机の下で指をからませ      恵

水星人さん、恋の長句をお願い致します。
 

春分。

 投稿者:  投稿日:2019年 4月21日(日)00時47分21秒
編集済
  うぬぬ、遅くなりました。

    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む
   杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴

    机の下で指をからませ    恵
    電話切るのも息を合わせる


お捌き下さい。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月19日(金)21時04分10秒
  登貴さん、ども。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令
   トロ箱を幾度も運ぶ雪の市     牙
    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む
   杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴

恵さん、恋の短句をお願い致します。
 

ナオ七

 投稿者:登貴  投稿日:2019年 4月19日(金)17時25分55秒
  赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令
   トロ箱を幾度も運ぶ雪の市     牙
    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む

杣道に糸繰唄の聞こえきて     貴
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月18日(木)13時06分25秒
  風牙さん、ども。
付けます。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令
   トロ箱を幾度も運ぶ雪の市     牙
    雑魚寝蒲団に寝入る嬰児     む

登貴さん、雑の長句をお願い致します。
 

春分23

 投稿者:風牙  投稿日:2019年 4月17日(水)23時59分19秒
       支笏湖畔で消えし足取り     篠
赤々とブラックホール燃えるごと  則
 夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令

駐車場正面左奥に雪 牙
トロ箱を幾度も運ぶ雪の市

宜しくお願いします。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月16日(火)13時12分37秒
  令さん、ども。
神話性があって、よい付け句ですね。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令

風牙さん、二十三「冬」ですが、此処を「雪の座」とします。
長句をお願い致します。

 

春分

 投稿者:  投稿日:2019年 4月16日(火)11時51分31秒
     赤々とブラックホール燃えるごと  則
    夜がな夜つぴてたたら踏みつつ  令

お捌きください。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月15日(月)17時07分2秒
  正則さん、ども。
一句目、五七七になっています。内容も付き過ぎ。
三句目、支笏湖から北の大地は付き過ぎ。

二句目、五八七ですが、発想はとてもよいと思いますので、
「赤々とブラックホール燃えるごと」と整形して、これでいきませう。


   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠
   赤々とブラックホール燃えるごと  則

令さん、雑の短句をお願い致します。
 

春分  雑

 投稿者:正則  投稿日:2019年 4月15日(月)14時19分30秒
  交番の指名手配の張り紙の増え
赤々とブラックホールの燃えるが如し
大志とは北の大地の合言葉


こんな発想ではいかがでしょうか?
再考する必要があるのか。
お捌きお願いします。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月15日(月)07時48分47秒
編集済
  篠さん、ども。
地名だけで思い切り離しましたね。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠


正則さん、この句から、またイメージを飛躍させてくだされ。
雑の長句をお願い致します。
 

春分

 投稿者:  投稿日:2019年 4月14日(日)21時27分32秒
     うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko
    支笏湖畔で消えし足取り     篠

お捌き下さい。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月13日(土)09時52分24秒
  gakkoさん、ども。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ 猫の子を連れて帰ろかどうしよか  ko

篠さん、雑の短句をお願い致します。
 

名残の表 

 投稿者:gakko  投稿日:2019年 4月13日(土)06時14分4秒
  なむさん、再び、よろしくお願いします。

猫の子を連れて帰ろかどうしよか
ポケモンと猫の子拾ろてうきうきと
春祭じじばば孫もみな揃ひ
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月11日(木)08時12分9秒
  ななさん、ども。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の
    切手一枚草餅二つ            な
ナオ

Gakkoさん、名残表折立、春の長句(五七五)をお願い致します。

 

春分。

 投稿者:なかやまなな  投稿日:2019年 4月10日(水)23時03分57秒
      ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の

切手一枚草餅二つ       なな
形を問はぬ風船の臍
野遊びあとのトイレを借りる

お捌きお願いします。

 

春分・花の座。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月10日(水)10時53分19秒
  つのさん、ども。
新札はタイムリーですが、前々句に「資産」という言葉があるので打越。
コンビニでいきましょう。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人
   コンビニへ駆け込んでゆく花の雨  の

ななさん、春の短句をお願い致します。



 

春分17

 投稿者:津野  投稿日:2019年 4月10日(水)10時11分10秒
  なむさん、ご指導ありがとうございます。
まだだめかもわかりませんが、おさばきよろしくお願いいたします。


新札と新元号と花便り
大学の従へてゐる花の雲
コンビニへ駆け込んでゆく花の雨

つの
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月10日(水)08時17分49秒
編集済
  つのさん、ども。
一句目は、前句に「舟」。「花筏流れ」は距離が近すぎます。もう少し離れてください。
二句目は俳句としてはよくできていますが、「おほかたはみづ」で切れてしまいます。
なんとか切れのないような句にしていただきたいのです。

もう一考お願い致します。
 

春分17

 投稿者:津野  投稿日:2019年 4月 9日(火)18時29分51秒
編集済
  花筏流れ流れて塩の道  つの
この星のおほかたはみづ花吹雪   つの

おさばき、よろしくお願いいたします。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月 9日(火)06時29分57秒
  水星人さん、どもです。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵
    ぐらりぐらりと刳舟のゆく      人

つのさん、春分17は、春・花の座です。お願い致します。

 

春分

 投稿者:水星人  投稿日:2019年 4月 8日(月)17時49分16秒
  そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
 蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
うかうかと資産手放す夢を見て      恵

沼のきはへと寄るは傘     水星人
ぐらりぐらりと刳舟のゆく    水星人

よろしくお願いいたします!
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月 7日(日)11時37分6秒
編集済
  恵さん、ども。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴
   うかうかと資産手放す夢を見て      恵

水星人さん、雑の短句をお願い致します。
 

春分。

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 7日(日)10時27分5秒
  遅くなりました。

うかうかと資産手放す夢を見て             恵
お下がりの洋服ばかり着せられて

お捌きお願いします。
 

春分。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 4月 6日(土)07時26分31秒
  登貴さん、ども。

   春分の時雨にも笑む地蔵かな   風牙
    路地の庵を越えて雉笛     なむ
   山葵合青磁に盛りて燗つけて      登貴
    印籠を出す準備整ふ       恵
   銭湯の梯子にかかる後の月   水星人
    虫の闇なる地を這ひゆけば   つの
ウ  ねじ式の少年の食ふ落花生        なな
    双子のやうな君と僕だね     gakko
   天球儀くるくる回すプロポーズ   篠
    思ひ募らす国境の兵      正則
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む
    蛇を掴みし侍女の爪紅         貴

恵さん、雑の長句をお願い致します。

 

春分 十四

 投稿者:登貴  投稿日:2019年 4月 5日(金)21時47分33秒
   山巓の遠きへちぎれ雲流る     令
    洗濯物を仕舞ふ頃合       牙
   そのひかりそのかみの名は夏の霜  む

蛇を掴みし侍女の爪紅      登貴

(もいっちょいっとこ)
アウグストスにアイスクリンを        登貴
 

レンタル掲示板
/198