teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


南軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月23日(火)22時29分52秒
  ゆかりさん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり   藤沢周平
    ひたとやみたる瀬の河鹿笛    なむ
   陋屋を山盧と名付け住み古りて     仁
    信玄餅の黒蜜とろり         槇
   月といふ大きな穴のある夜空   ゆかり
    障子貼り終へ深呼吸する      篠
ウ  マンションの真下の庭に木の実降り  む
    外階段の逢瀬ひととき          仁
   ハニーとかダーリンなんてどの口で  槇
    八百枚の舌を巧みに        り
   手品師の帽子から出る万国旗     篠
    拍手まばらな監獄の窓       む
   寒月にゴーン氏ひとり佇みて       仁
    後部座席にゐる雪女           槇
   止処なき涙となりてさやうなら    り
    転校生はトライリンガル      篠
   弘法の筆に独鈷に花舞へば      む
    鎌首上げて蛇穴を出る       仁
ナオ 春の日にブルースリーになりきって  槇
    ゲバ字とみれば壊す立て看     り

篠さん、雑の長句をお願い致します。
 
 

 投稿者:ゆかり  投稿日:2019年 7月23日(火)10時32分4秒
   ブルースリーに限らずカンフー映画ってちゃんと観たことがないのです。

    鎌首上げて蛇穴を出る       仁
ナオ 春の日にブルースリーになりきって  槇

    ゲバ字とみれば壊す立て看     り
    怪鳥音は山のあなたに       り
    九官鳥の上げる雄叫び       り
    考へなしにうつすカンジダ     り

 お捌き願います。
 

南軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月23日(火)09時50分19秒
  槇さん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり   藤沢周平
    ひたとやみたる瀬の河鹿笛    なむ
   陋屋を山盧と名付け住み古りて     仁
    信玄餅の黒蜜とろり         槇
   月といふ大きな穴のある夜空   ゆかり
    障子貼り終へ深呼吸する      篠
ウ  マンションの真下の庭に木の実降り  む
    外階段の逢瀬ひととき          仁
   ハニーとかダーリンなんてどの口で  槇
    八百枚の舌を巧みに        り
   手品師の帽子から出る万国旗     篠
    拍手まばらな監獄の窓       む
   寒月にゴーン氏ひとり佇みて       仁
    後部座席にゐる雪女           槇
   止処なき涙となりてさやうなら    り
    転校生はトライリンガル      篠
   弘法の筆に独鈷に花舞へば      む
    鎌首上げて蛇穴を出る       仁
ナオ 春の日にブルースリーになりきって  槇

ゆかりさん、雑の短句をお願い致します。

 

南軍。

 投稿者:  投稿日:2019年 7月23日(火)08時14分0秒
  春の日にブルースリーになりきって  槇

お捌きください。
 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月23日(火)01時54分35秒
     桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な
    清く明るく百円ショップ     を
   均一に明けて真白き花の朝     む
    羅漢の前に遊ぶ子雀       令
ナオ することも無くて日永をベンチにて 牙
    ワンセグで見る謝罪会見     な
   まだ何かゐるかも知れぬ箱の底   を
    全能にして意地悪き神      む

令さん、夏の長句をお願い致します。
 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月23日(火)00時48分24秒
  苑をさん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な
    清く明るく百円ショップ     を
   均一に明けて真白き花の朝     む
    羅漢の前に遊ぶ子雀       令
ナオ することも無くて日永をベンチにて 牙
    ワンセグで見る謝罪会見     な
   まだ何かゐるかも知れぬ箱の底   を

次は私、しばしお待ちを。

 

北軍

 投稿者:苑を  投稿日:2019年 7月22日(月)10時17分50秒
  大空へ痛いの痛いの飛んでゆけ
まだ何かゐるかも知れぬ箱の底

お捌きを。
 

東西軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月22日(月)05時20分26秒
  恵さん、ども。

   売られゆくうさぎ匂へる夜店かな 五所平之助
    香具師のアロハの紅型小紋      なむ
   五線譜の余白似顔絵描き足して      恵
    紙飛行機は風をとらへる       陽子
   塔に月かかり眠りにつく都       月犬
    白露の道を押絵と行けば       亞子
ウ  風呂敷のなか生臭き落花生        む
    半分ずつのハートのチャーム      恵
   制服の胸の谷間に揺れてゐる       陽
    毎朝届く瓶の牛乳           犬
   丸刀と志功の目玉板走る         あ
    突然第九第四楽章           む
   寒月にひと組予備の杵と臼        恵
    布団の足りぬスキー合宿        陽
   フレディがカチャカチャ鉄の爪鳴らす   犬
    呪われし技リングに炸裂        あ
   前列の椅子へ散る散る花は散る      む
    ライター売りの少女の種痘       恵
ナオ 朧夜に髪のリボンをほどきたる      陽
    錻力の匣の古い絵葉書         犬
   瓦斯燈のセピアの街を急ぎけり      あ
    コナン・ドイルと名乗る眼科医     む
   着ぐるみの中に拭へぬ汗かいて      恵

陽子さん、夏の短句をお願い致します。

 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月22日(月)05時15分24秒
  ななさん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な
    清く明るく百円ショップ     を
   均一に明けて真白き花の朝     む
    羅漢の前に遊ぶ子雀       令
ナオ することも無くて日永をベンチにて 牙
    ワンセグで見る謝罪会見     な

苑をさん、雑の長句をお願い致します。

 

南軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月22日(月)05時11分45秒
  仁さん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり   藤沢周平
    ひたとやみたる瀬の河鹿笛    なむ
   陋屋を山盧と名付け住み古りて     仁
    信玄餅の黒蜜とろり         槇
   月といふ大きな穴のある夜空   ゆかり
    障子貼り終へ深呼吸する      篠
ウ  マンションの真下の庭に木の実降り  む
    外階段の逢瀬ひととき          仁
   ハニーとかダーリンなんてどの口で  槇
    八百枚の舌を巧みに        り
   手品師の帽子から出る万国旗     篠
    拍手まばらな監獄の窓       む
   寒月にゴーン氏ひとり佇みて       仁
    後部座席にゐる雪女           槇
   止処なき涙となりてさやうなら    り
    転校生はトライリンガル      篠
   弘法の筆に独鈷に花舞へば      む
    鎌首上げて蛇穴を出る       仁
ナオ

槇さん、春の長句をお願い致します。

 

東西軍。

 投稿者:  投稿日:2019年 7月22日(月)03時30分34秒
  遅くなりました。

   瓦斯燈のセピアの街を急ぎけり      あ
    コナン・ドイルと名乗る眼科医     む


   着ぐるみの中に拭へぬ汗かいて     恵
   はらわたの良性腫瘍へと麦酒

お捌き下さい。
 

北軍

 投稿者:なかやまなな  投稿日:2019年 7月21日(日)10時30分13秒
  おはようございます。

羅漢の前に遊ぶ子雀       令
ナオ することも無くて日永をベンチにて 牙

寄り来るひとと涙を流す     な
四角く畳む本屋の袋
ワンセグで見る謝罪会見

お捌きお願いいたします。
 

南軍

 投稿者:  投稿日:2019年 7月21日(日)09時51分37秒
  六百番の春の歌会
躓きながら春の野を行く
鎌首上げて蛇穴を出る

お捌きください。
 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月21日(日)09時19分39秒
  風牙さん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な
    清く明るく百円ショップ     を
   均一に明けて真白き花の朝     む
    羅漢の前に遊ぶ子雀       令
ナオ することも無くて日永をベンチにて 牙

ななさん、雑の短句をお願い致します。
 

北軍 名残表 折立

 投稿者:風牙  投稿日:2019年 7月21日(日)03時39分30秒
   清く明るく百円ショップ     を
  均一に明けて真白き花の朝   む
 羅漢の前に遊ぶ子雀       令

することも無くて日永をベンチにて 牙
田楽の指に垂れたるたれ舐めて

宜しくお願いします
 

東西軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月20日(土)17時09分41秒
  亞子さん、ども。
付けます。

   売られゆくうさぎ匂へる夜店かな 五所平之助
    香具師のアロハの紅型小紋      なむ
   五線譜の余白似顔絵描き足して      恵
    紙飛行機は風をとらへる       陽子
   塔に月かかり眠りにつく都       月犬
    白露の道を押絵と行けば       亞子
ウ  風呂敷のなか生臭き落花生        む
    半分ずつのハートのチャーム      恵
   制服の胸の谷間に揺れてゐる       陽
    毎朝届く瓶の牛乳           犬
   丸刀と志功の目玉板走る         あ
    突然第九第四楽章           む
   寒月にひと組予備の杵と臼        恵
    布団の足りぬスキー合宿        陽
   フレディがカチャカチャ鉄の爪鳴らす   犬
    呪われし技リングに炸裂        あ
   前列の椅子へ散る散る花は散る      む
    ライター売りの少女の種痘       恵
ナオ 朧夜に髪のリボンをほどきたる      陽
    錻力の匣の古い絵葉書         犬
   瓦斯燈のセピアの街を急ぎけり      あ
    コナン・ドイルと名乗る眼科医     む

恵さん、夏の長句をお願いいたします。



 

東西軍。

 投稿者:亞子  投稿日:2019年 7月20日(土)10時50分45秒
  ナオ 朧夜に髪のリボンをほどきたる      陽
    錻力の匣の古い絵葉書         犬
   瓦斯燈のセピアの街を急ぎけり      あ

   お捌きください。
 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月20日(土)10時07分48秒
  令さん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な
    清く明るく百円ショップ     を
   均一に明けて真白き花の朝     む
    羅漢の前に遊ぶ子雀       令
ナオ

風牙さん、春の長句をお願い致します。


 

北軍

 投稿者:  投稿日:2019年 7月20日(土)08時46分35秒
      羅漢の前に遊ぶ子雀       令

お捌きください。
 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月19日(金)15時20分20秒
  苑をさん、ども。
付けます。

   桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な
    清く明るく百円ショップ     を
   均一に明けて真白き花の朝     む

令さん、春の短句をお願い致します。
 

東西軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月19日(金)14時58分39秒
  月犬さん、ども。

   売られゆくうさぎ匂へる夜店かな 五所平之助
    香具師のアロハの紅型小紋      なむ
   五線譜の余白似顔絵描き足して      恵
    紙飛行機は風をとらへる       陽子
   塔に月かかり眠りにつく都       月犬
    白露の道を押絵と行けば       亞子
ウ  風呂敷のなか生臭き落花生        む
    半分ずつのハートのチャーム      恵
   制服の胸の谷間に揺れてゐる       陽
    毎朝届く瓶の牛乳           犬
   丸刀と志功の目玉板走る         あ
    突然第九第四楽章           む
   寒月にひと組予備の杵と臼        恵
    布団の足りぬスキー合宿        陽
   フレディがカチャカチャ鉄の爪鳴らす   犬
    呪われし技リングに炸裂        あ
   前列の椅子へ散る散る花は散る      む
    ライター売りの少女の種痘       恵
ナオ 朧夜に髪のリボンをほどきたる      陽
    錻力の匣の古い絵葉書         犬

亞子さん、雑の長句をお願い致します。


 

南軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月19日(金)14時52分46秒
  篠さん、ども。
付けます。

   桐の花踏み葬列が通るなり   藤沢周平
    ひたとやみたる瀬の河鹿笛    なむ
   陋屋を山盧と名付け住み古りて     仁
    信玄餅の黒蜜とろり         槇
   月といふ大きな穴のある夜空   ゆかり
    障子貼り終へ深呼吸する      篠
ウ  マンションの真下の庭に木の実降り  む
    外階段の逢瀬ひととき          仁
   ハニーとかダーリンなんてどの口で  槇
    八百枚の舌を巧みに        り
   手品師の帽子から出る万国旗     篠
    拍手まばらな監獄の窓       む
   寒月にゴーン氏ひとり佇みて       仁
    後部座席にゐる雪女           槇
   止処なき涙となりてさやうなら    り
    転校生はトライリンガル      篠
   弘法の筆に独鈷に花舞はむ      む

仁さん、春の短句をお願い致します。
 

北軍

 投稿者:苑を  投稿日:2019年 7月19日(金)09時45分27秒
編集済
  清く明るく百円ショップ   を

お捌き下さい。  
 

南軍・再

 投稿者:  投稿日:2019年 7月19日(金)09時35分25秒
  失礼しました。
つきすじは単に「さやうなら」→「転校生」なんです。
「偉人」に意味が出過ぎでしたら、以下のように代えたいと思います。

   寒月にゴーン氏ひとり佇みて       仁
    後部座席にゐる雪女           槇
   止処なき涙となりてさやうなら    り
    転校生はトライリンガル      篠

いかがでしょうか?
 

南軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月19日(金)09時15分27秒
  篠さん、降参です。
庄司陽子なのか賢治なのか手塚なのか筒井なのか尾道系なのか、はたまた海外古典か、死んだ福沢君か。
つきすじ、お教えください。
 

東西軍

 投稿者:月犬  投稿日:2019年 7月19日(金)01時03分26秒
      呪われし技リングに炸裂        あ
   前列の椅子へ散る散る花は散る      む
    ライター売りの少女の種痘       恵
ナオ 朧夜に髪のリボンをほどきたる      陽

    錻力の匣の古い絵葉書         犬


お捌きください。
 

北軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月18日(木)23時42分40秒
  ななさん、ども。

   桐の花踏み葬列が通るなり  藤沢周平
    山もと遠く薄き夕虹      なむ
   和栲の袖のおほきく吹かれゐて   令
    野球に混じる女子の声聞く   風牙
   月光の引き締まりつつ溢れつつ    なな
    松茸飯の松茸の数       苑を
ウ  地芝居の捕方詰める客席に     む
    振り向きし顔初恋の人      令
   薬指指輪の跡のくつきりと     牙
    次住む家の鍵をひつかけ        な
   其の男サカイと名乗り上がり込む  を
    幕末太陽傳の台本        む
   暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙
   徳利の縦におほきく金を継ぎ      な

苑をさん、雑の短句をお願い致します。
 

南軍

 投稿者:  投稿日:2019年 7月18日(木)23時34分55秒
     寒月にゴーン氏ひとり佇みて       仁
    後部座席にゐる雪女           槇
   止処なき涙となりてさやうなら    り
    転校生は偉人の末裔        篠

お捌き下さい。
 

東西軍。

 投稿者:なむ。  投稿日:2019年 7月18日(木)23時32分28秒
  陽子さん、ども。
消去法で真ん中の句しかとれません。
「ベタ付き」という理由ではなく「打越」に障るからです。
一句目は「前列の椅子」(劇場の想起)に障ります。
三句目は「散る花」(風の想起)に障ります。

   売られゆくうさぎ匂へる夜店かな 五所平之助
    香具師のアロハの紅型小紋      なむ
   五線譜の余白似顔絵描き足して      恵
    紙飛行機は風をとらへる       陽子
   塔に月かかり眠りにつく都       月犬
    白露の道を押絵と行けば       亞子
ウ  風呂敷のなか生臭き落花生        む
    半分ずつのハートのチャーム      恵
   制服の胸の谷間に揺れてゐる       陽
    毎朝届く瓶の牛乳           犬
   丸刀と志功の目玉板走る         あ
    突然第九第四楽章           む
   寒月にひと組予備の杵と臼        恵
    布団の足りぬスキー合宿        陽
   フレディがカチャカチャ鉄の爪鳴らす   犬
    呪われし技リングに炸裂        あ
   前列の椅子へ散る散る花は散る      む
    ライター売りの少女の種痘       恵
ナオ 朧夜に髪のリボンをほどきたる      陽

月犬さん、雑の短句をお願い致します。
 

北軍

 投稿者:なかやまなな  投稿日:2019年 7月18日(木)22時00分3秒
  暮早き品川沖を月のぼる      令
    新物と言ふ海苔巻の海苔     牙

徳利の縦におほきく金を継ぎ    な
十両に戻り引退表明す

お捌きお願いします。




 

レンタル掲示板
/207