teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:145/2410 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

芸北に行ってきました。(10月29日)

 投稿者:なるなる@管理人  投稿日:2015年11月 2日(月)18時47分5秒
  通報
  忙しくて書けませんでした。(--)

仕事が続いた後で、しかも3時就寝でほとんど寝ていなかったのですが、
気晴らしに行ってきました。
予定など立てずに軽く行ってくるつもりだったのですが、結局ルートを
きっちり考えて時間計算までしておかないと気が済まない性格…(^_^;)

まず、県道38号線でR191に抜けます。
…と、カーブの先で突然現れる停止車両!
工事か、事故かと思ったら、なんと若葉台とやらの団地の入口、伴大下交差点に
信号機が新設されていたのでした。
見通しの悪いカーブの先で、危ないったらありゃしません。
http://www.mapion.co.jp/f/mapion/redirect/mail.html?uc=1&nl=34/28/47.922&el=132/24/6.555&scl=25000&grp=MapionBB&bid=Mcmail_BB_maps

R191から県道301号線に入り、長笹に寄り道して行こうと思ったのですが、
あいにく曇り空で景色は期待できないためスルーしてR433へ。
http://www.mapion.co.jp/f/mapion/redirect/mail.html?uc=1&nl=34/37/25.469&el=132/23/16.642&scl=25000&grp=MapionBB&bid=Mcmail_BB_maps

それから、先日 知念大輔さんが書かれていた芸北広域農道を確認しました。(^^ゞ
なるほど、県道40号線からR433をオーバークロスしていく道はすでにでき、
ライン引きはまだですが、舗装は終わっていました。
http://www.mapion.co.jp/f/mapion/redirect/mail.html?uc=1&nl=34/39/41.790&el=132/24/25.435&scl=70000&grp=MapionBB&bid=Mcmail_BB_maps
その先は道なんてない山奥ゆえに、奥の方ではどれだけ工事が進んでいるのか、
確認する術がありません。
ドローンでも飛ばせば…(笑)

R433から県道40号線を経由して芸北広域農道に抜けますが、椎谷峠付近など
かなり紅葉らしくなっていました。
もっとも、ただの雑木林のようなもので、モミジなど見応えのある木は
特にありませんが…(^^;

芸北広域農道は、舗装が新しくなっている区間がありました。
大型トラックが抜け道として使うようになり、傷みが激しかったのでしょうか。
王渡橋付近の木々はそれほど色づいていないように見えました。

R186に出てからは温井ダムへと南下します。
おそらく初めて、王泊ダムに車を止めて、吊橋跡などの写真を撮りました。
この付近、色づきも良い感じでした。
橋のたもとには使われてなさそうなバス停がありますが、「高速バスのりば」
の文字が違和感アリアリでした。(苦笑)
「高速道路に乗り入れるバス」という意味でしょうかね?
この場所には「ネコバスのりば」のほうが似合っていると思いました。
「*賀松原」というバス停名になっていましたが、ここは「王泊」のはず?

R186沿いは、温井ダムよりも上流ではきれいに色づいた木が多かったです。
途中、近年お気に入りの猪山展望台に寄りましたが、また今回も曇りでした。
http://www.kendo-fan.net/kendo/img/nukui_p4.jpg
http://www.kendo-fan.net/kendo/nukui.htm

加計まで降り、鯛焼きの「よしお」に1年ぶりに行きました。
http://www.taiyakiya.com/
今、食べながらこの文章を書いています。(笑)

加計からR191経由で深入山方面に向かいますが、県道305号線経由で行きました。(笑)
http://www.mapion.co.jp/f/mapion/redirect/mail.html?uc=1&nl=34/36/31.089&el=132/16/7.775&scl=250000&grp=MapionBB&bid=Mcmail_BB_maps
何度か通っていて初めて気づいたのですが、この地域は柿を栽培しているようです。
軒先に生えている渋柿ではなく、果樹園のように(面積は小さいですが)柿が
植えられて大きな実を付けているのがあちこちに見えました。

R191を北上して松原の三差路を…直進して県道11号線でR186に抜けます。(笑)
川小田まで東へ進み、お気に入りの旧緑資源幹線林道 大朝鹿野線を走りました。
川小田の入口の道路情報板には相変わらず「積雪」とプレートが入ってます。(爆)
というか、いまだに「芸北町役場」と書いてありますし…(^◇^;)
見た目が鉄道車両のサボ(行先板)に似ていますが、道路にはこういったプレートを
収集するマニアって、いないもんですかね?(笑)
この道を走っている間、13時頃からようやく晴れてきました。。。

R191を横切り、戸河内吉和区間に入ります。
http://www.kendo-fan.net/kendo/togouchi.htm
入口には以前はなかった「ほたるの里 岩川渓谷」という看板が。
いや、以前はなかったのではなく、「大規模林道(戸河内・吉和区間)整備促進を」
という看板を塗り替えたものでした。(笑)
「岩川渓谷って、どこよ?」と思ったら、この道路沿いのことを言うようで、
いろんな滝や淵の案内板が無数に立てられていました。
いつもは二軒小屋で引き返すのですが、恐羅漢スキー場のロッジ前まで
行ってみましたが、もしかしたら初めてかも。(過去には途中の民宿付近まで?)
二軒小屋に大きな駐車場がありますけど、そこに車を止めたら
スキー場まではどうやって行くのか不思議でなりません。
っていうか、大雪の中、ロッジまでの道を走るのも恐ろしい。(汗)

R191に戻り、聖湖を回るR191旧道であり町道 長者原戸河内線へ。
何年もの間、道戦峠から樽床ダムまでの区間が通行止めだったのですが、
ようやく通れるようになっていました!\(^o^)/
崩れた跡は確かにあったのですが、そんなに大きな被害ではなかったような…
樽床ダムを過ぎてしばらくすると、なんとロングトレーラーが対向してきました。
いったい何を考えてこんな道に進入してきたのか!?
民俗博物館の工事はやっていましたが、その工事に関係しているとも思えない…
たいていの車なら離合できるカーブでも、アタマを振るスペースが必要なようで
離合できず、直線で広い部分までバックしてようやく離合できました。
先にはきつくて深いカーブがあるのですが、あの長さなら詰まったのでは。(汗)

最後に、いつもの八幡原で一休みして帰りました。
寝不足だったのでどうもスッキリしないドライブでした。。。


>深津安那さん
三江線に乗られた経験があるのですね。
そういえば私は可部線なら三段峡駅まで乗ったことがあります。
福山からというと、福塩線も八田原ダム建設前の旧線時代ですね。
ローカル線は 利用者が減る→列車が減る→さらに利用者が減る の負の連鎖ですね。
ローカル線に限らず、今は新幹線が開通したらその区間の在来線は捨てられて
赤字覚悟の地方鉄道・第3セクターになってしまっています。
そのうち郵便も「配達しません」なんて地域が出てきたりして…
 
 
》記事一覧表示

新着順:145/2410 《前のページ | 次のページ》
/2410